読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きる。

小さな頃から散々で

未だ、それは変わらず。

砕かれる度に

歯を食いしばってきたけど

気がついたら

心はボロボロになって。

誰も信用出来ず

偏見で見られて

ひとり、部屋でこうして倒れていても

差し伸べる手などない。

家族も、友人も、誰もいない

死ぬ気力もなく

生きる気力もなく

同じ檻のような窮屈に

いっぱい苦しんでいるひとは

いるのでしょう…

這い上がる度に擦り切れた心の傷は

ひとりで、拭えるものではないのかもしれません

心が死んだ、音がしました。