読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れ

時事通信の記事によると、

ロシア中部リペツク州で、アメリカの清涼飲料大手ペプシコの工場が倒壊、

貯蔵されていたジュースが外にあふれ出したそうです。

町に突然、ジュースの川が出現、国営テレビによると、

オレンジ色の川が流れる道路を、車の運転手がぼうぜんと見詰めていたそうです。

現場は、首都モスクワの南約320キロにある町レベジャニ。

現場を調べた当局者は、9階建てに相当する工場の建物は

トランプのカードで作った家のように崩れ落ちたと説明した。

屋根が崩落し、2人が負傷。約2800万リットルのジュースが貯蔵されていましたが、

貯蔵庫が崩壊し、大洪水となって道を流れ、ドン川に注ぎ込んだそうです。 

また、規模の大きな話ですね。

こう言った事故はアメリカの会社が多いのはなぜでしょうね? 

ボストンの糖蜜の時は多大な犠牲が出ていますし、

食品以外ではユニオンカーバイトがインドで殺虫剤工場を爆発させてます。 

この時は1万人以上が被害にあっています。

こう言った前列がある訳ですが、意外に古い話です。

近頃聞かないと思っていたら、えらいことになってます。

今回は犠牲者がいなくて幸い。

こう考えると蜜の泉やお菓子の家は、やりすぎですね。

お皿に乗る程度が一番の様です。