読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【埼玉】頭部のないハト1羽の死骸 器物損壊

器物損壊

頭部ないハトの死骸

埼玉・東松山

12日午前11時ごろ、埼玉県東松山市松風台の民家の前に、頭部のないハト1羽の死骸があると住人が近所の交番に届けた。

県警東松山署によると、3月下旬にも、この民家から数百メートル離れた家の庭に設置されていた鳥小屋の中で、ウサギ1匹とインコなど約20羽が死んでいるのが見つかった。

いずれも首を折られるなどの危害が加えられており、同署は器物損壊容疑で調べている。

東松山署によると、ハトは隣接する滑川町で飼育されていた伝書バトで、首を強い力で引きちぎられたとみられる。

先月下旬に死んでいるのが見つかったインコやウサギは、胴体が半分になったり、頭の骨が折られたりしていたという。