読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツクヨミ零/モンスト

柳生/宮本武蔵/サタン/サタン

最早再挑戦に備えてのメモ書きとして記しているだけな気がしてきたが今日も攻略したので記してみる。

前回火力でゴリ押しして勝った気がしたので火力重視のパーティーで挑む。

柳生(AB)の配置が悪く目玉の即死攻撃間近まで手間取るも他ので一度倒せば即死攻撃のターンがリセットされるので特に処理に困らずボス戦へ。

第一ステージはボスのHPが低いため雑魚を無視して火力でゴリ押しして突破。何度かワンパン出来たので配置次第では狙った方が早い。

第二ステージは目玉を一度倒して、柳生(AB)を右側に配置していけるときに目玉の処理を行う。ABがあっても角度が急だと処理に失敗する。その点においてここは貫通ABの方が早いと思われるが、普段は反射の方が早いので貫通を編成するほどではないだろうか。

第三ステージは第二ステージより目玉の処理が容易。中央右側に火力要員を配置した後SSで撃破。

全体的にHWとブロックの距離が短いので雑魚処理に手間取らなければHP管理は容易。雑魚処理に手間取っていればSSを使って余計な被ダメージを減らす。ブーツがなければSSを打ってもボスのワンパンに失敗する(2-5割程削りきれない)ケースがあるので無理をしない。

柳生をハーレーXに変えて他を同じで挑むと一度も攻略出来ず。要因としては、友情がレーザーで役立たず、スピードが低くHWでの回復量が柳生と比べ格段に少ない(柳生はSSで普段より更に回復出来るがハーレーXはむしろ遅くなるので起死回生も出来ない)である事が挙げられる。SSの高火力は素晴らしいが、腕がなくても使えるのは柳生と感じた。

第二ステージはAB一体だと配置が良いか柳生SS等により高速で何度も当てに行けないと目玉処理が出来ず即死攻撃を受けるので、腕がなければ反射AB二体か貫通AB一体を入れた方が良いと思われる。

柳生抜きの安定周回をしたいものだ。