読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんたは少女マンガの主人公〜。

数年前に気づいたこと。少年マンガの中に少女マンガの主人公がいる、と。

始まりは「キングダム」なのですよ。( ̄▽ ̄)

もちろん、信が主人公なんだけど、わりと初期頃に政も主人公で何気にダブル主人公なのではないかな〜、と。

なぜならば、信は単純に立身出世話だけれど、最初のエピソードが政の玉座からの半分転落と復活だし。で、政はのちの秦の始皇帝だし。

(、、、政、のちのち焚書坑儒するんだな〜、と思ったら、いろいろ考えるわ〜 。さらに、次代で国滅亡〜、、、たしか、統一後15年?統一後が短かったよな〜。まー、さらにのちのち、隋→唐も私の中では似てるんだけど、、、 ̄ー ̄)

と、なった時「政も主人公」が確立いたしました、私の中で。( ̄Д ̄)ノ

政サイドは文官の権力闘争だからまー、面倒い。(笑)コレ、彩雲国物語の時も思った。

(彩雲〜は文官の立身出世だけでなく権力闘争?もだから武官は置いてきぼりだったしな〜。「残念な」武官の方々は物語上の歴史に名を残してるにもかかわらず外伝ですら、明確な武功がない。)キングダムの政はその中で、権力闘争+親子話も絡んでたのでさらにいろいろ複雑。しかも、母息子と父息子の両方〜。ま、これも早い段階で、息子が母親との決別したのだけどね。

、、、そーなんです。ソレ。家族話が噛んでいる。これこそが「政、あんたは少女マンガの主人公」の所以です。( ̄Д ̄)ノ

とか、キングダムの話をしている私の中では、まだ、リンコ(←すみません。漢字がわかりません。)が生きてるので、かなり、あれから読んでないです。(^◇^;)このまま読み進めていったら、本棚がヤバい思って、一旦、止めといた、、、で、今、信の立場はどーなんですか?( ̄▽ ̄)

から、始まりは、少年マンガ内少女マンガ主人公を発見するのが私の趣味の1つになりました。

定義するならば、

物語上わりと大事なキャラで家族話を絡めてくる。

そもそも「少女マンガとは、恋愛話と家族話がベース」と、たしか、いのうえじゅんが言っていたのが、私にもしっくりときたので。

と、見た時の、青エクと聖闘士星矢もちょっとだけ、さらに楽しさ倍増です。。、あれ、あと、1つ、作品があったはずだけど、思い出せず、、、(^◇^;)

ちなみに、さらに、この流れのプレ段階では少女マンガの少年主人公の作品の影響あります。

バナナフィッシュとここはグリーンウッドと一連の樹なつみ作品がソレかな〜。

今思えば、バナナフィッシュは吉田秋生内では異質な作品だったのだな、とは思うけど。