読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんごジャムでけた(・∀・)

りんごジャム第二弾できたぞーヽ(´∀`*)ノ

本日の分量

紅玉(皮や芯を除いた分) 530g

甜菜糖 160g

柚子(庭のを適当に5〜6個)

白ワイン 目分量100ccくらいだったかな?

砂糖は身体を冷やす食品なので、身体を暖める糖として甜菜糖(でもお高いんでしょう)を使用しました。

使用感は三温糖よりも更に茶色くなるので、色にこだわりたい場合は注意。

りんごは2個すりおろし、3〜4個は薄切りにしました。

甜菜糖と薄切りりんごをもみもみ合わせて放置すると水分が出ます。

だがしかしそこにすりおろしりんごを加えても水分が足りない感じだったので、短気な私はそこに白ワインを投入。

弱火でグツグツと、薄切りりんごが透明になるまで木べらでかんまします(群馬弁)。

*この途中で、剥いた皮を入れておけば香りと色が出るよ。

 皮の色が薄くなったら取り出します。

 この皮は冷めてから搾ると赤い汁が結構たっぷり出るよ。

 その場合灰汁がどうなるかとかは知らんけど(笑

その間に柚子の中身をおろしがねでおろし、搾り汁を用意します。

ぶちこみます。

混ぜます。

味や水分の具合を見て、微調整します。

煮沸消毒したビンに詰めます。

木べらに着いたままのジャムを殺人鬼がナイフを舐めるように気分たっぷりに賞味します。

出来上がり。

ヨーグルトに乗せてみた。

うむ。茶色い(笑

味は甜菜糖だからか、砂糖よりもこくがあるね。

個人的にはヨーグルトよりもまたアップルパイとかに使おうと思います(*´∀`*)ノシ