読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抗ガン剤による末梢神経障害、漢方薬で改善

抗がん剤による末梢神経障害が徐々に改善してきた

時々、ほぅーと感心する症例があります。今回の方もその一人です。

その方は、抗がん剤によって痺れが出てきて、末梢神経障害と考えられ、気当て診断で選んだ漢方薬で改善し、殆ど痺れもなくなりました。

3年ほど前に直腸癌の手術をし、その後1年間、抗ガン剤の投薬をされました。

抗がん剤の投与してから手足でしびれが出てきたそうです。

末梢神経改善のためのビタミン剤など病院から処方されていましたが、なかなか改善しなかったそうです。

何とかならないですか?と私のクリニックに来院されたのが1年前です。

一般にはビタミンB12とか末梢循環を良くする薬を投与されます。でも既にもう1年くらい飲んで効果なし。

なんとかならないですか?と

そんなん、後遺症だし年数も経っているのだから、もう何とも出来ないですよ

って言いたいのをぐっと我慢し

とにかくやるだけやってみましょう

と気当てして改善しそうな漢方薬を選びました。

その方の場合、紅参、苡仁、防已黄耆湯などを選びました。

これが効くか?と尋ねられても文献的に効果あると記載あるわけでもなし、

効いたら良いね

くらいの気持ちで開始しました。

ところがどうでしょう。

1ヶ月くらいして、少しは良い感じだと

3ヶ月したら、痺れもかなり無くなり、歩きやすくなってきたと

6ヶ月したら、明らかに調子良いと

1年後、牛車腎気丸を追加

その1ヶ月後、痺れは完全に無くなったと言われました。

驚いたのは私の方です。

抗ガン剤の副作用で末梢神経障害を来し、もう何年も経っているのに、効果が出てくるなんて

いゃー

諦めないことなのですね。

逆にこの方のケースから教えられました。