読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒れるのだろうか

一番人気が勝てないイメージが強い、過去にはメジロドーベルルージュバックが敗れた。今年の一番人気は引退レースであるマジックタイムになりそう。引退レースといえばキストゥヘヴンがここを勝ち引退したが、今年はどのようなドラマが待っているのだろうか。僕は馬柱を見て一頭の馬に注目した。

中山牝馬ステークスG3(中山芝1800メートル)予想

◎シャルール

短評「ゼンノロブロイ産駒」

○サンソヴール

短評「不気味だ」

マジックタイム

短評「引退レース」

トーセンビクトリー

短評「データーでは買い」

パールコード

短評「差はない」

◎はゼンノロブロイ産駒のシャルールにする。バウンスシャッセなどゼンノロブロイ産駒が得意とする中山芝1800メートル、タンタアレグリアに続く2017年の重賞二勝目を飾ってほしい。対抗はサイソヴール、愛知杯で見せた粘り腰はこのメンバーに入っても遜色はない、マジックタイムは人気なので逆に軽視したい。怖いのはトゥザヴィクトリーの子トーセンビクトリー。不振の武豊がここらで起死回生の騎乗を見せるような気もする。武という性の騎手はもう武豊しかいないのだから。