読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野党はどこに?

保守系が分裂して、野党候補と混戦」なのかと思ったら、野党候補がおらん・・・

野党はどこにいるんでしょうねえ?

「首相「おひざ元」、下関市長選で保守分裂の様相 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)」

自民党は全力で支援してまいります」。

そんな文言とともに、前田氏が安倍氏と握手する写真を掲載した党のチラシが、市内世帯に配られている。

前田氏は「街を元気にするには国や県とのパイプが必要」と訴え、「安倍色」を前面に打ち出す。

 一方、中尾氏は「市政は国政と違う」とし、「市民党」を掲げる。

政党色を出さず、幅広い支援を得たい考えだ。

ただ、事務所の壁には、林後援会が寄せた「祈必勝」の文字が躍り、林氏に近い地方議員や、林氏の親族が経営する企業が中尾氏を支援する。

 安倍、林両氏はともに同市が主な地盤だ。

安倍氏の父で元外相の晋太郎氏(故人)、林氏の父で元蔵相の義郎氏(同)は中選挙区時代、同じ選挙区のライバル同士だった。

今は、「安倍氏衆院」「林氏は参院」とすみ分け、国政選では互いに支援する。

 それでも、地方選になると、企業や地方議員などの間で支持が分かれるという。

前回2013年の市長選でも分裂状況が見られた。

安倍氏に近い市議が立候補を表明し、同党下関支部に推薦願を出したが、支部は「国政選に影響が出てはいけない」などとして推薦を見送った。

選挙戦で市議は敗れた。

 今回は安倍氏が表に姿を見せ、前田氏への支援を明確にしている。

http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20170304-OYT1T50037.html

下関市長選>3氏が届け出 首相お膝元で保守分裂の様相

首相の元秘書の前田氏は、首相に近い県議や市議らの強い支援を受けているが、自民党下関市議団(18人)は現職の中尾氏を支持する一部市議の反発もあり、自主投票を決めている。

5日の出陣式でも、前田、中尾両陣営に、それぞれを支援する自民党県議、市議らが分かれて出席した。